現在の閲覧者数:
無料カウンター 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 ちょっとひとことええでっかぁ―♪ オペラ「蝶々夫人」初日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ「蝶々夫人」初日


亭主と一緒に西宮北口の兵庫県立芸術文化センターに行きました。
事前にトホホなDVDで予習しましたが、こちらは日本人が演出の蝶々夫人。
IMG_2003.jpg
会場限定で「蝶々夫人」のグッツが沢山販売されてました。
あれこれ目移りしますが、給料日前の中身の入ってない財布なので
取りあえずお徳用セット(扇子、クリアホルダー2枚、手ぬぐい1枚、シール、
メモ帳、絵葉書、紙のオペラグラス)¥3000を買いました。

芸術監督・指揮  佐渡裕


演出  栗山昌良
装置  石黒紀夫
衣装  緒方野規矩子
証明  沢田祐二

蝶々さん  浜田理恵
スズキ   坂本朱
ケイト夫人 柳澤涼子
ピンカートン アレッサンドロ・リベラトーレ
シャープレス デヴィッド・オーカーランド
ゴロー  晴雅彦
ヤマドリ キュウ・ウォン・ハン
ボンゾ  松下雅人
役 人  花月真

ひょうごプロデュース・オペラ合唱団


普段はステージにない大きな幕が開くと舞台を見て綺麗!
満開の桜の木が1本、平屋造りの家も小奇麗な障子貼りで小高い丘の上、
音楽のイメージ通りで早くも感動の予感。

オペラがあまり好きではなかった理由として、
小娘役を恰幅の良い年配の人が演じることが多いから…
主役の蝶々さんは15歳ですから、実際の15歳では絶対歌えない?
でも今回は不自然な違和感なく純真無垢な少女のように見えるから不思議。

まるで本当に親族や友人、知人が結婚式の為坂道の丘を登ってくるように遠くから
女性の合唱が段々と近づいてくる幻想的な歌声にサブイボ(鳥肌)ものです。
これから起こる悪夢を知っているだけに現地妻として買われたことを知らない
蝶々夫人がピンカートンの本妻になったと信じて疑わない歌声、姿にウルウル。
役とはいえ憎憎しいのはピンカートン(苦笑)
ゴローはちょいとひょうきんでこズルイとこがピッタリ、ステキ
事前にストーリーを予習していたとはいえ、やはり字幕に目がいってしまいます。
字幕も見~の、演技も観~の、衣装も見~の、歌も聴き~の、演奏も聴き~の…。
忙しいですヽ( ´ー`)ノ

あぁ~、こんなに感動的で美しい素晴しい舞台なのに1幕が終了したら
会社の飲み会に行くなんて…、おバカ_| ̄|○
それみこれもまた17日も再来するからです。

この素晴しいオペラ、3階席の隅の方とはいえ3千円なのでお買い得。
こんなお値段で観ていいのでしょうか??
オペラは高いというイメージでしたが、今回はA席でも¥12,000。
我が家は買えませんがオペラとしては安い方ではないでしょうか?
早くも17日が楽しみです

↓今回の舞台を観たらこのDVDは買えません!(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Babi

  • Author:Babi
  • 説明しよう!
    Babiとは
    インドネシア語で
    豚のことだBoo~!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一言つぶやき
Twitter → こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。