現在の閲覧者数:
無料カウンター 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 ちょっとひとことええでっかぁ―♪ インドネシア ヌサンタラ交響楽団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア ヌサンタラ交響楽団


平成17年度文化庁舞台芸術国際フェスティバルへ行って来ました。
本日はインドネシアのヌサンタラ交響楽団の演奏でした。

指揮 エドワード・ファン・ネス、矢崎彦太郎
ピアノ アナンダ・スカルラン
バリ舞踊とクンダンとガムラン

演奏曲(パンフレットより抜粋、引用)
    『ニ・ロンゲン』
スンダの太鼓とオーケストラのための
     スンダの民族舞踏に触発されて作られた曲。
     第一楽章は踊り子になれた喜びと踊りへの賛美。
     第二楽章は踊り子の葛藤、受け入れがたい役を演じる悲しみを表現。
     第三楽章は踊り子が呪縛から逃れようとする姿を
     最終楽章は自らの運命を受け入れる。

    『ジャンゲラン』
バリの伝統楽器とオーケストラのための
     作曲者自身の言葉によれば
    「東洋と西洋の音楽的ギャップに橋を渡すことを目指している」とのこと。
     バリの旋律をオーケストラの演奏とガムランのアンサンブル。

    『ピアノ協奏曲 ト長調』
有名なM.ラヴェルのピアノ協奏曲の1つ。

休憩後にベートーベンの交響曲第7番があったのですが、帰りました(苦笑)
会場は4割ぐらいの入りでしょうか?少なく感じました。
オーケストラに女性メンバーは少なかったなぁ~。
何といっても良かったのはガムランとオーケストラのコラボ。
普段ガムランの音を聴いたことのない人がほとんどと思われるので
演奏後の人々の口からは良い感想が囁かれていた。
また今回はガムランをコンサートホールで聴いたので心地良い残響が良かった。

自宅にある亭主のグンデル、埃かぶってるでぇ~。
でも家で1台だけグンデル叩いてもうるさいだけですから。
CD試聴出来たらいいのにね、ジャワガムランの方がスローテンポで好きかな。

P.S.そうそう小学校低学年ぐらいの男の子を連れて来ていた母親がいた。
    子供に生の本物の音楽を聴かすのは大変いいことだと思いますが、
    いちいち小声で音楽の説明とか演奏中にパンフをめくって話さないで!!
    小声でもしっかり聞こえてますし、音は響くのです!!
    そんなマナーを教えることを忘れているバカ親がいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

面白いですねぇ.オケとガムランかぁ.
東京でもやったら聞きに行きたいです.
ご亭主,グンデルの練習,忙しくて
やっている暇がないのかな?
私も楽器をリペアに出していて
戻ってこないのをいいことに
練習を2ヶ月さぼってます(汗)

>KANE さん

ひぇ~、遅かった…_| ̄|○  
10月6日木曜東京はオペラシティーで開催されてました。
確かアジアオーケストラウィークは毎年開催されていたような??
ってことは、また来年のお楽しみ?
去年はベトナム、タイの楽団だった。
でも来年も来るとは限らないかも…
文化庁に頼んでみます(笑)
プロフィール

Babi

  • Author:Babi
  • 説明しよう!
    Babiとは
    インドネシア語で
    豚のことだBoo~!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一言つぶやき
Twitter → こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。