現在の閲覧者数:
無料カウンター 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 ちょっとひとことええでっかぁ―♪ DVD「ピサジ 悪霊の棲む家」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD「ピサジ 悪霊の棲む家」


2004年 タイ映画 
監督  マシュー・チューキアット・サックウィークラン
出演  プマワーリー・ヨートガモン、 アマラー・アサワノン、他
怖い映画は好きでないけど、タイ映画なので観てみようと…。
あの「マッハ!!」に主演していた女の子プマワーリー・ヨートガモンが主人公です。

両親を亡くし身寄りのない少女ウイが町の印刷工場を経営する叔母の家へ。
そこの3階に子守として居候することになった。
子守といっても小学校高学年ぐらいの男の子アーム。
以前もスッジャイという子守の女性がいたけど…今はいない。
工場の従業員も何か奥歯に物がはさまったような歯切れの悪い話し方。
そう、ここは夜になると幽霊が出ると男の子アームが告白。
少女ウイはそんなことは信じないと毅然とした態度。
でも夜になると明らかに怪しい声、怪しい音が聞こえてくる。

少女ウイは過去両親を目の前で射殺されているのを見ているので
それがトラウマとなり時々幻覚を見る。
その為精神安定剤を服用して気持ちを落ち着かせるが
薬を飲んでもその家に棲む幽霊から解放されることはなかった。

工場が休みののある日、叔母に家に閉じ込められたウイとアーム。
たまたま通りがかったいつも仕事をサボっている男性従業員のマイが
2人を助けようと不法侵入して来るが…
とうとうこの家に棲む幽霊の姿がハッキリ、クッキリと…
エグロいです(エグイ+グロイの合成、今思いつきました)…_| ̄|○
そして2人を閉じ込めたまま出掛けていた叔母が帰宅して…
ひぇ~~~(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル、お許し下さい((((*T_T*)†~~~ 悪霊退治

思いもよらぬ真実も明らかになるけど、ウイとアームは精神の病気と判断される。

部屋の照明を全て付けて
ホームシアターは切って
『ギャーギャー』叫びながら亭主と見たので最後まで見れた(苦笑)
亭主いわく、「呪怨」とか日本のホラー映画の方がもっと怖いって…。
そうなのね、だから見ないのよ…(涙)

「ほら来た」、「そこ見えてる」と単純で期待を裏切らない展開かな。
でも、これを見たらレバーが食べれなくなるかも…(苦笑)
ま、最近狂牛病の影響で生レバーはなかなか食べれないんだけど。
久しぶりに食べようかな。(←結局食べるんかい!?)

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピサジ 悪霊の棲む家@我流映画評論

今回紹介する映画は、個人的に思い出のあるタイのホラー映画『ピサジ 悪霊の棲む家』です。感想の前に映画のストーリーから・・・両親を亡くした少女ウイ(プマワーリー・ヨートガモン)は工場を営む叔母・ブアの家で、アームという男の子の子守を始める。そのアームは、幽

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Babi

  • Author:Babi
  • 説明しよう!
    Babiとは
    インドネシア語で
    豚のことだBoo~!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一言つぶやき
Twitter → こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。