現在の閲覧者数:
無料カウンター 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 ちょっとひとことええでっかぁ―♪ あれから15年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから15年

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒、
あれから15年が経過したが私はまだ生きている。
関東生活になってこの日の報道は関西在住の頃に比べると少ない。
それでも今年は震災から15年という節目の年だからと特集やドラマが放送されている。
節目?何の?

震災の象徴としていつも報道されるのは火災の被害が目立った長田周辺。
本当は私が住んでいた地区が1番亡くなった方が多いんだけど…。
朝もやと家が倒壊した土ぼこりはまるで爆撃を受けたみたいでまさに地獄絵図。
同じ被災者であっても被災した地域や家の倒壊具合、怪我の具合、肉親を亡くした、
友人・知人を亡くしたなど体験した悲しみの度合いによって年々温度差が出て
被災者同士でも必ずしも同じ悲しみ、トラウマとは限らない。
私も死んでいてもおかしくない家の全壊具合だったのを今は知る人も少ない。

震災の体験は面白おかしく語ることも出来なくはない。
実際仮設住宅での生活でトイレの水が凍っていた話は笑う人が多い。
それだけ冷え込んで寒いってことなんですが…┐('~`;)┌
久しぶりに卒業した母校の講堂には避難所として行き、身も知らない動かなくなった
人たちと一緒に何日も暗闇の中過ごしたこと、
車で遠くからおにぎりを販売しに来てくれる人がいて一個の代金が千円と言われたこと、
お墓が倒れて骨壷が散乱している横で野糞をする人、
倒れた自動販売機から小銭を強奪しようとしている人、
生きるのはお互い手と手を取り合って助け合ってみたいな綺麗ごとばかりではない。
復興も出来る人ばかりではない、私が住んでいた土地も更地になったままだし、
建築基準法が変わり以前と同じ建物が建てることが不可能となっている土地も多い。

そんなこんなで1月は憂鬱な月で、17日は気がめいる。

関西では各地で追悼行事が開催されている。
震災を体験していない人や子供が参加するようになっている。
お祭り気分で参加しているのかと思われないよう心して参加して欲しい。

亡くなった方のご冥福を心よりお祈りすると共に、
震災の時にお風呂を貸してくれたマイミクさん、
焼きたてのパンを仮設に届けてくれたマイミクさん、
引越しの手伝いをしてくれたマイミクさん、
長い期間居候させてもらった知人の家族の人たちにいつまでも感謝の気持ちを忘れず
これからも生きて行きます。

今年も期間限定で亭主がアップしているようです、まだ読んだことない方は…。
 僕と、にょーぼと、震災と。 → こちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

あれから15年も経つんですね・・・。
当時須磨区に住んでた知人がいて、心配だったので手紙を出した覚えがあります。幸い無事で返信の手紙を頂きました。そこには「今は辛いけど、この街を必ず復旧させてみせる」という力強い文章が。
今は立派な2児のお父さんだけど、当時の苦労は相当なものだったでしょうね。

大きなものを乗り越えた人は強いなとつくづく感じます。

No title

先日ハイチでも大きな地震がありましたが、日に日に治安が悪化して警察もほとんど手に負えない状態になっているそうですね。日本からも医師団が救援に向かったようですが、他国と比べて救援の出遅れが気になります。

大きな地震があると必ずと言っていいほど、治安が非常に悪くなりますが、「15年前、神戸ではそうならなかった、その事に世界中の人が驚いたのだ」と、たまたま拝見したブログに書いてありました。

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、日本がこれからも治安の安定した国であり続けますようにと祈らずにはいられません。
プロフィール

Babi

  • Author:Babi
  • 説明しよう!
    Babiとは
    インドネシア語で
    豚のことだBoo~!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一言つぶやき
Twitter → こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。